2006年12月22日

FXの特徴〜スワップってなに?〜

今回はFXの魅力の一つスワップです。

スワップ金利とは2つの通貨間の金利差のこと。
高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売れば、金利差調整分として、スワップ金利がもらえます。
う〜ん??わかりにくいですね。

日本は、18年7月14日に日銀が5年4ヶ月ぶりにゼロ金利政策を解除しました。
0.1%→0.25% 
金利が上がる前にローンを組んだ方がいい・・
なんてニュースでやっていましたよね。

今、銀行に100万円を1年間預金したらもらえる利息は25円です。
25円って・・・ うれしくないです。
25円もらえるのはうれしいけど、意味がないですよね。
25円って。
手数料にもなりゃしない。

他の国はどうかというと・・・
アメリカ ドルの金利政策は
5.5%  日本の21倍です。

高金利の通貨(ドル)を買い、低金利の通貨(円)を売れば、
金利差調整分として、スワップ金利がもらえます。
逆に低金利通貨を買って、高金利通貨を売ると
金利調整分として、スワップ金利を払います。

FXでは、レバレッジを効かせて少ない証拠金で
多くの金額を動かすことができます。

アメリカドル 10000ドルを持つと
156円(会社によってことなります)くらい
毎日、スワップがつきます。
すごい!!

まずは資料請求をして勉強しましょ。














posted by 瑞樹ママ at 15:43| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。